記事リスト

短答式と論文式の試験

婦人

試験合格と実務補修

会計の専門家の資格として、公認会計士があります。上場企業などでは会計書類の提出が求められますが、ただ作成すればいいわけではありません。公正な方法で作成され、それが証明される必要があります。この時に行われるのが会計監査になります。企業が作成した書類を元に監査を行い、本当に問題なく行われているかを調べて監査報告書にまとめます。上場企業においては、公認会計士が監査を行わなければならない決まりになっています。公認会計士は企業の会計の方法等を監査する資格です。国家資格の中でも難しいといわれる試験をクリアしないとなることができません。現在は受験は誰でもできるようになっていますが、まず短答式と呼ばれる前段階の試験に合格する必要があります。マークシートで行われる試験で、一定の点数が取れれば合格できます。短答式に合格をすると論文式の試験が受けられるのでそちらの合格を目指します。短答式試験は毎年2回行われ、論文式は毎年1回行われます。短答式に合格すると2年間論文式の試験を受けられます。公認会計士の資格を取るには難関試験をクリアしないといけませんが、合格のためにはできるだけ効率よく勉強する必要があります。人によっては、受験科目を免除してもらえる時もあるので、免除制度を利用すると良いかもしれません。司法試験に合格している人や税理士の人、大学などで会計学や税法等の研究をしている人などは、一部の科目免除があります。また、論文式に関してはそれぞれの科目で合格点を取ると2年間免除になる仕組みがあります。