記事リスト

目指す為のお金の話

保育園

学費で夢を諦めない様に

将来保育士を希望している場合、専門学校がその仕事に特化した教育を受けられる機関になります。学費は2年間で200万円程であり、学校によっては諸費用により違いは出ますが200万円から大きく外れる事はありません。学費を抑える方法として短大や4年制大学よりも良いですが、さらに保育士養成支援として現在様々な事業が実施されています。現在保育士不足が叫ばれる中、学費を理由に諦める事がない様に支援事業が実施されています。修学資金貸付制度は資格取得後登録して、継続してその支援を受けた都道府県で働く事で返済が免除になる制度です。貸し付けの最大は160万円であり、専門学校の平均必要学費に近い資金を支援してもらえます。奨学金を利用して学ぶ方法は昔からありましたが、返済をしなければならない一種の借金です。その為利用を避ける方もいましたが、そういう背景から都道府県によっては一部返済負担を補助してくれる場合もあります。対象地域に就職する事が条件であり、保育士不足を改善する為に、様々な支援事業が展開されています。保育士専門学校でも特待生の制度や、卒業後に就職する事を条件に学費負担軽減してくれる制度もあります。奉公制度と言い、保育園を運営している企業としても保育士の人員確保は課題になっています。未来の保育士の確保と学生の支援を合わせた制度であり、活用している方も多いです。保育士不足解消は社会問題になっている待機児童改善に重要な要素です。学費を理由に学校を諦める方がない様に、様々な支援事業が行われています。