記事リスト

子育て支援を担う

ウーマン

国家資格を得るには

現代の我が国において、最も需要が高い仕事といっても過言ではないのが保育士です。保育士は、保育所や児童福祉施設等で両親の代わりに乳幼児の保育を行います。男女にかかわらず多くの人が生涯働き続ける社会に近づいた今、子育て支援としてこの仕事は重要な役割を持ちます。保育士は国家資格が必要です。そのため資格を所持していれば、中断期間があっても年齢に関係なく復帰できるるため、生涯現役で続けることが可能なのです。保育士になるには、2つの方法が用意されています。1つは、保育養成課程のある大学か短大、専門学校で学ぶというものです。大学は4年、短大・専門学校は2年、この養成課程を学ぶことで修了時に自動的に保育士の国家資格を取得することができます。ちなみに、大学であっても短大・専門学校であっても基本的にカリキュラムは変わりません。ただし、大学で4年かけて学ぶ課程を短大・専門学校は2年で座学と実習の全てを学ぶことになるため、かなり負担が大きいと言われています。また、大卒の保育士の方が若干給料が高めに設定されていることが多いのです。保育士になるもう1つのルートが、保育士の国家試験を受けて合格するものです。保育課程のない一般の大学や短大・専門学校を卒業した人で保育士を目指す場合は、このルートとなります。この国家試験は年間5万人以上が受験していますが、合格率は20%内外とかなり難関です。将来保育士になりたいと考えているなら、修了時に無受験で資格が取得できる養成課程のある大学か短大・専門学校に通うのがおすすめです。